愛情、絶望を繰り返したらいつの間にかカラッポになった。

気分的にそんな事を書きたくなった。 人生は自分次第でどうにでもなると思ってた20代半ば。 自分の新しくなった持ち物袋に大きな愛情を積み込んだ。 ついでに夢や理想も目一杯詰め込んで大きな空へと旅へ出た。 毎日が色めいていたな〜と感じる。 毎朝毎晩乗…